HOME > 製品情報 > プロテクトX1 > 皮膚保護クリームの知られざる多様性

皮膚保護クリームの知られざる多様性

●例えば、看護師さんが10人おられるとして、手荒れをハンドクリーム類で対処していても、なかなか解消できない方々が2人~3人はおられ、冬ならばさらに増えるはずです。(弊社のアンケート調査から)特に、環境(院内)感染対策の強化が進めば進むほど、擦り込み式のアルコール消毒剤による手荒れは酷くなる傾向が強く、最近では医療施設での手荒れ防止策が感染防止対策の中に盛り込まれるようになっています。
●一方、美容師さんも手荒れが起きる職業の一つです。特に、美容師免許取り立ての下積み3年間は、シャンプーやリンスによって手指の脂分が流失し易い仕事を任される“手荒れとの戦いの時期”と言われています。さらに、調理師さんや厨房での洗い場の方々も、水・湯・洗剤に常に触れるために、同様に手荒れが起き易い職業です。
●本来、人間には皮膚を健全な状態に保つために、次の3つの物質 (1)細胞間物質(セラミド) (2) 天然保湿因子(NMF) (3)皮脂膜 によって、水分を適度に保持する機能を有しているものですが、上に述べた職業の方々は、消毒剤、洗剤、シャンプーなどの化学物質や水・湯に触れる頻度が高いために、もともと有していた(3)の皮脂膜が失われて、一般の方よりも手荒れが起き易くなります。
●手荒れを防ぐ対策としては、(1)~(3)の機能を補う成分を化学的に合成、あるいは植物抽出した化粧品を使用することが有効な解決策であり、様々な商品が出ております。しかし、それらを使ってもなお、手荒れが解消しない方々は、あまりにも頻繁に手荒れ要因物質に触れるので、それらの有効成分が洗い流されてしまうからです。
●そこで、あらかじめ皮膚の外側の角質層に水にも流れにくい物質でバリアを張って、手荒れ要因物質からの攻撃をブロックする方法が考えられます。それを商品化したものが皮膚保護クリーム(ハンドベールクリーム、またはバリアクリームとも言われます)であり、看護師、美容師の一部の方々には、以前からその存在は知られていました。しかし、ドラッグストアにもホームセンターにも殆ど配置していないことから、一般には知られていない商品ではあります。
●この皮膚保護クリームの最大特長は、手荒れ防止効果が強力であることのみならず、汚れ・臭いを皮膚に   浸透させにくくするので、汚れ・臭いを落ち易くする効果もあり、さらには皮膚の摩擦を低減する効果(=擦りむけ防止)も備えていることです。ハンドクリームでも洗剤でもないにも拘わらず、それらの用途の一部を有していることは、まさに“多様性を秘めた知られざるスキンケア用品”と言えましょう。