実証

HOME > 技術情報 (機能性データ)

 当社はプロテクトシリーズの皮膚保護効果を科学的に実証するために、その試験を全て外部機関に依頼しています。
 今後も科学的データを充実させていくことで、製品の信頼性をさらに高めていく所存です。

技術情報

機能性データ


久保田準教授の英語論文へ

介護従事者の手荒れ状況と皮膚保護クリームを使うことによる肌荒れ防止効果を科学的に実験、考察した論文はこれまで日本では殆ど皆無でしたが、千葉科学大学薬学部の久保田隆廣准教授の研究によって、プロテクトX2の肌荒れ防止効果の高さが実証されました。
「速報!」 本論文が、国際学術雑誌「Drug Discoveries & Therapeutics」に掲載されました。

千葉県の或る介護施設の要介護者及び介護従事者8名を対象に、プロテクトX2を手背(右側)と踵(右側)に毎日3回~5回塗布して、使用開始前、1週間後、1ヶ月後の「角層水分含有量」と「経表皮水分蒸散量」を計測しました。(※本人による日常の手洗い、アルコール消毒は行った上で)その結果、角層水分含有量は、手背と踵については未処置側(左側)と比べて1.5倍~3倍高い結果が出たことから、プロテクトX2の保湿効果の高さが実証されました。 
また、経表皮水分蒸散量は、手背については未処置側と比べて17~27.9%低い結果が出たことから、プロテクトX2の水分の蒸散を防ぐ効果(=バリア効果)も実証されました。

 スポーツで皮膚の擦りむけを防止するために、皮膚保護クリームが有効であることを摩擦学の先端研究室である東北大学による科学的試験で実証しました。
 しかも、プロテクトS1がワセリンや類似の皮膚保護クリームよりも総合的に優位性があることも実証したことで、スポーツ用品業界に強烈なインパクトを与えました。

プロテクトS1、ワセリン、類似の皮膚保護クリームを、それぞれ試験片に塗って、1秒間に10mmと100mmの反復運動を大気中と水中で2,000回繰り返した結果、プロテクトS1の摩擦係数が総合的に最も低い(=摩擦低減効果が強い)ことが実証されました。
このことからスポーツの前に、プロテクトS1を特定部位に塗っておくことで、雨に濡れても、汗をかいても、保護膜は流失せずに皮膚保護効果を保ちつつ、擦りむけの発生を抑えることができることが実証されました。

微生物5種類に対する

素肌が感染性物質に接触する危険性のある医療・介護業務において、手袋、マスク、ゴーグル等の保護用品の下に(=素肌の上に)、皮膚保護クリームを塗っておくことで、万一、保護用品の破れ、穴明き等の事故が発生した場合、保護膜が感染性物質を透過させないかを調べる実験を行いました。
本実験から、プロテクトシリーズは微生物5種類を透過させない、2次的防御用品の役割を果たすことが実証されました。

滅菌したロ紙に、①プロテクトシリーズを塗る ②何も塗らない ③市販ハンドクリームを塗る④市販皮膚保護クリームを塗る の4つの条件を設定して、5種類の微生物(大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、MRSA,白癬菌)を滴下する。1時間後、4時間後にロ紙の下の培地に発育している菌数を測定したところ、①のプロテクトシリーズは1時間後、4時間後共に、全ての微生物が検出されませんでしたが、②、③は1時間後、4時間後に全てが検出、④は白癬菌を除いて4つの微生物が1時間後、4時間後に検出されました。
このことから、プロテクトシリーズは超微粒子の保護膜が、微生物を透過させない防御力を有していることにより、医療・介護業務においては、「プロテクトシリーズ」+「手袋(マスク、ゴーグル)+「消毒剤」の3点を組み合わせることで、消毒剤が引き起こす手荒れを防ぎつつ、万一の感染性物質の付着・飛散からの防御策を一層強化できるものと考えられます。

SPF値の測定試験

プロテクトUVプラスのSPF値(紫外線UV-B波を防ぐ力)を測定した結果、SPF値30と測定されました。この数値は、日常生活及びスポーツ、屋外作業で紫外線を浴びるとした場合は、十分な防御力があります。

プロテクトUVプラスは、いたずらに高いSPF値を求めずに、使用感を重視しつつ、肌への影響も最小限に抑えるために、30としました。なぜなら、プロテクトUVプラスは通常のUVカット化粧品と異なり、あくまで皮膚保護クリームであり、その3つの特性である、①手荒れ ②汚れ・臭い ③擦りむけ を防止することに製品コンセプトを置いていて、さらに④紫外線をも防止するという異色の皮膚保護クリームだからです。(UVカット化粧品から見ても異色です)
従いまして、皮膚が擦りむけるスポーツや肌荒れや汚れの付着する屋外作業では、これ1本で紫外線トラブルも防いでしまう、実に役に立つ皮膚保護クリームであります。
[ご注意!] 
紫外線防止効能を持った類似の皮膚保護クリームは、擦りむけ防止効果もあるかのように謳っていますが、それには無いことにご注意下さい。消費者を惑わすPR方法は問題ですね。

PA表示の測定試験

プロテクトUVプラスのPFA値(紫外線UV-A波を防ぐ力)を測定した結果、4以上8未満となり、表示はPA++となりました。
このPA表示も、+++よりは弱いとされますが、皮膚保護クリームのコンセプトを堅持しながら、紫外線を防ぐ効果も有するために、++が適切であるとの考え方によります。
紫外線散乱剤として、肌負担が少ない酸化亜鉛を配合しました。


現在、特許出願中 出願番号2009-156759

プロテクトシリーズは、国産の皮膚保護クリームとしては、日本で初めて製法特許の出願をしています。
3種類の保護膜成分を配合した皮膚保護クリームは唯一であり、使用感を良くする製法(ベタつき、匂いが極めて少ない)の確立が非常に困難でしたが、試行錯誤の末に完成し、プロテクトシリーズとして製品が生まれました。 アースブルーと製造委託元のニューヘヤー化粧料本舗との共同出願です。
[ご注意!] 
類似の皮膚保護クリームの中には、3種類配合を謳ったものもありますが、それは当社のコピー製品です。それを見分けるには、そのクリームに触ってみてください。水っぽい性状であり、当社製品ほどの“しっとりとサラサラ”を併せ持った気持ちの良い性状ではありませんから、すぐ判別出来ます。