HOME>体験談>発表!最前線レポート

体験談の発表&募集発表!最前線レポート

発表!最前線レポート

ユーザー様による迫真の活用レポート

最前線レポート一覧>>

No.57YA様(埼玉県・女性)
J効果を、私の社交ダンスで実感しました

記入年月日:2021.12.15

活用したプロテクトシリーズ プロテクトJ1 



 ●趣味で社交ダンスをしていまして、週に4日程練習に打ち込む女子大生です。

私の足は常に、指の皮がハイヒールとの摩擦で剥けたり、マメができたりして、さらには新しいシューズだと、履き慣れるまでに酷い靴擦れが絶えませんでした。その対策用品としては、絆創膏などを使っていましたが、摩擦が強すぎることと、靴の中は汗をかいて、直ぐに剥がれてしまいます。また、ハイヒールを履いて激しく動くので、痛いことは仕方がないものと諦めていました。

 

●そんな中、噂に聞いていたプロテクトJ1を使ってみると、靴擦れしないことは勿論ですが、すでにあった傷までも摩擦に負けて悪化することなく、あっという間に治りました!

予想していた以上の効果を直ぐに実感出来て、実に嬉しかったです。また、肌への刺激が強くないことも有難いです。

●私は元々、肌が弱く、化粧水はハンドクリームでも沁みたり、痒くなることがあるのですが、プロテクトJ1は全く問題はありませんでした。

●おかげで現在は足のトラブルに悩まされこともなく、痛い思いをせずに、踊ることが出来ています。さらに、社交ダンス以外の場面でも、靴ずれの心配があったサンダルなどを安心して長時間履けるようになりました。

 

 追記1:上のイラスト…社交ダンスで履くハイヒールが起こす靴擦れの部位を色別に示しました。赤色は特に皮が剥けるほどの痛みを感じます。

 

 追記2:下の写真…パートナーと踊る私が手前です。優雅に踊っているように見えるでしょうが、靴ずれの痛みをぐっと我慢しているのです。でも、J1に出会ってからは、もう痛みから解放されました!

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

 ●トピックスでお伝えした通り、今春のJ1の爆発的な売れ行きは、スポーツ以外の新た市場にも波及しましたが、その一つが「社交ダンス市場」でした。

●夏頃に社交ダンスの専門誌『ダンスビュー』(モダン出版社の月刊誌)の編集部からメールが当社に届いて、J1を販売商品として扱いたい、との用件でした。本屋で同誌を見ると、記事スペース以外にダンス用品(ウェア、靴、装飾品等)の直販も行っていますが、靴擦れ防止のクリーム系の商品は無いようです。(※インターネットで検索すると、同業界では踵や指先に貼り付けるパッドや絆創膏類は販売されています)

●はたして皮膚保護クリームの市場性はあるのか?と気懸りでしたが、その編集部員によると、「ダンサー、特にハイヒールを履く女性の8割は靴擦れで悩んでいるが、そのことが表に現れないのです。つまり、我慢をするか、諦めるか、効果が今一つのパッド類で対処しているのが、実態です」とのことでした。

●社交ダンスは舞踊の一種とは言え、体力を使うスポーツそのものです。とりわけ競技大会は激しいスポーツであり、足の皮膚への損傷は選手には不可避とのことです。そこに隠れた市場が発掘されたと言えるでしょう。

●今回のYAさんの投稿がきっかけとなって、社交ダンスを楽しむ多くの方々のスキントラブルが解消されて、よりダンスに集中出来ることを願ってやみません。

 

【補足1】J1に限らず、当社の皮膚保護クリーム全般には代表の私でさえ気づかない、多様な分野での潜在的な需要(=用途)があり、それが表に出ると、そこに新たな市場が形成されています。(例:義肢装具、ぽっちゃり体型、オフロードバイク、漕艇、歩きお遍路等)

 

【補足2】投稿者YAさんは、社交ダンスを趣味とする若い女性とのことですが、私は勿論、面識はありません。ただ、ある偶然がこの体験記コーナーへの投稿に繋がったのです。

 彼女はモダン出版が選んだJ1モニター数名の一人であって、一方では当社と取引関係のある某企業でアルバイトをされていることが、後で分かりました。これは、J1と社交ダンスが単なる縁で繋がっただけでなく、普段からお互いに何かを求める行動があってこそ、YAさんが二つを巡り合わせたものと考えています。


 

No.56前田 浩輔(実名)様(岐阜県・男性)

記入年月日:2021.08.26

活用したプロテクトシリーズ プロテクトJ1 



  趣味で取り組んでいるランニングやトレイルランにおいて、長時間のトレーニングやレース時の悩みの種が「股擦れ」や「デリケートゾーンの擦れ」でした。

 また、アウトドアスポーツの性質上、レースは雨でも開催されるため、そのような時は「足裏や足指のふやけ」、さらに擦れによる「マメ」のため、レース結果に影響しました。

 そこで、安価で入手し易いワセリンで対処したところ、一定の効果は得られましたが、いくつかの弱点もありました。例えば、塗布した部位のベタつき、ウェアとの擦れで効果が落ちる、一度でも肌が塗れてふやけると、全く塗り直しが効かないこと等です。

 ベタツキは我慢出来る、効果が落ちたら塗り直せば良い、しかしふやけによって濡れなくなることはどうすることも出来ません。

 

 そんな時に試したのが、プロテクトJ1でした。このクリームはワセリンの弱点を完璧に克服しています。

 塗った後の肌はサラッとしていて不快感はゼロ、しかもウェアに擦れてクリームが落ちることもなく、効果が持続します。また、効果が長持ちするため、肌がふやけることもなく、水分を軽く拭きとってしまえば、多少濡れていても、容易に塗り直すことが出来ました。

 

 特に驚いたのは、2019年に開催されたUTMF(Ultra-Trail Mt.Fuji)に出場した時のことです。 

 このレースはスタート前から雨が降り続き、翌日の午後には雪まで降り出して、レースが中断になっていまうほどの悪天候でした。

 靴の中はスタート前から濡れ、走り出してからは雨と汗で体はドンドン濡れていくシチュエーションでした。約16時間後に辿り着いたエイドで、ようやくウェアを交換することが出来たのですが、その時点でクリームを塗った足、股、デリケートゾーンは全くトラブル無し。

 肌がふやけるもなく、水分を拭うと、問題無く塗り重ねることが出来ました。その後も更に9時間が、雨が降る中を走り続けましたが、結果的に最後まで全くトラブルは無く、レースを終えることが出来ました。

 

 そのレース以降、このクリームの持続時間と効果には、全幅の信頼を寄せており、使い続けた結果、トラブルとは無縁となりました。

 私は、肌のトラブルに悩む仲間がいたら、常にこのプロテクトJ1を勧めています。

 

※写真上は、UTMFで力走する筆者の前田浩輔氏  PHOTO/Trailrunner.jp

※写真下は、数年前のUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)で損傷した外国人選手の足。

 欧米では今でもワセリン系クリームが使われています。

※前田氏のレース経歴

  ■2016:Ultra Trail Mt.Fuji   ■2017:トレニックワールド彩の国(100km) ■2018:信越五岳(100マイル) 

   ■2019:Ultra Trail Mt.Fuji     ■2019:大阪マラソン

 ※前田氏による補足補足事項

「登山ですと、夏場はアルプスに日帰り登山を中止に何度か行きます。 泊まりの場合はチェルト泊のファストパッキングスタイルを好んで します。 夏山シーズン以外は地元の低山に通っています。 最近は足の故障により走れないため、ロードバイクに乗り始めまして、年内に200〜400km位のロングライドに挑戦したいと思っています。(ライドでもプロテクトJ1にお世話になっています)。 職業は団体職員をしております。」

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

 ●山岳レースとして世界的に著名なUTMB(フランスのモンブラン地域)には、日本人選手の参加も増えて来ましたが、多くの日本人選手はスキントラブル防止用品として、プロテクトJ1を使っています。しかし、外国人選手のほぼ100%はワセリン系クリームを使っているとの情報をしばしば入手します。

 ●その時に私が感じることは、スキントラブルの発生は、日本人であろうと外国人であろうと同じ程度に起きるものであり、トラブル防止用品としてワセリン系クリームを未だに海外で使っているとしたら、そこに大きな市場が眠っているということです。

 ●私はことあるごとに、海外の類似品を集めて比較検討していますが、①使用感 ②防止効果 ③持続時間 ④使い易すさ ⑤価格 の5点評価を総合すれば、プロテクトJ1が圧勝しているものと自信を持って言うことが出来ます。とすれば、皮膚保護クリームプロテクトJ1の方向性は自ずと海外市場に向かうものです。

 ●今回の前田浩輔氏の体験談は、スキントラブルの観察、ワセリンとの比較、J1の優位性を冷静に評価されておられて、トレラン系スポーツでの体験談としてはパーフェクトと言えましょう。UTMBの姉妹版である日本大会のUTMFでの使用体験談は、いつか英語版のJ1資料にも掲載したいと思っています。ご寄稿、有難うございました。

 

No.55ホープ様(埼玉県・女性)
こんなに綺麗になった私の手をご覧下さい!

記入年月日:2021.03.13

活用したプロテクトシリーズ プロテクトX1 プロテクトJ1 



  最初にお伝えしておきますが、掲載しました写真2枚は、X1を使ってひどい手荒れを改善した現在の私の手です。実に綺麗でしょう!それをじっくり見ていただいてから、私の体験談を述べてみます。

 

 私は夏場と冬場には、必ず水泡を伴う痒みや痛みが起きる主婦湿疹で困っていました。ステロイド剤を塗ることは嫌いでありまして、使ってはいません。一方、手袋をはめながら家事をしても手袋自体が皮膚に刺激を与えるのか、手荒れはひどくなるばかりでした。

 

 そこで、手荒れ防止効果の大きいハンドクリームはないか?と探していたところ、プロテトX1が目に留まりました。

 「水仕事の前に、皮膚の上から塗ることで、治療よりも予防的に皮膚を保護することの方が手荒れを根本から改善できる」とのふれ込みでしたが、念のためにアースブルーさんに電話をかけて確認をしました。

 自分は子供の汚れたユニフォームの洗濯や調理、掃除の主婦仕事によって、ひどい手荒れが起きている、自分に合っている商品なのか?使い方は?などの質問に対して、丁寧に答えていただきまして、有り難かったです。 

 

 早速、ネットで注文をして届いた商品を塗ったところ、本当にベタベタしません!確かに膜を張ったような感覚はありますが、不快感はありません。濯や手指消毒、そして浸けおき洗剤にも、その膜がバリアしてくれることが一目瞭然に分かりました!

 手洗いをしても保護膜は落ちないことも本当でした(笑)。特に、子供の習い事での泥汚れを落とすための擦り洗いや専用洗剤に手を入れることも、今では躊躇せずに出来るようになっています。

 

 プロテクトX1に出会う以前、湿疹が出来ていた頃は、爪の周りや指の間にびっしりと水泡が出来ていましたが、今はそれが消滅しています。もう一度、私の手の写真をご覧下さい!

 X1には手荒れ防止効果が確かにある、と実感しています。

 

追記:私の父は農業に従事していますが、普段、農薬、肥料、土、水に触れるので、手荒れは私以上に深刻です。医者が処方するステロイド剤もその場しのぎとは言え、一定の効果が感じられるので、使ってしまいがちですが、いつかプロテクトX1に切り替えてもらい、その効果をお伝えできれば、と思っています。

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

 ●工業系の職場で働く女性の体験記に続いて、今回は主婦湿疹で悩む女性の体験記です。このホープさんの体験記を拝見して嬉しかったことは、2つあります。

一つ目は、プロテクトX1を使って回復した現在の手の鮮明な写真を送っていただいたことです。しかも、なんと美しい手になっておられるのでしょうか ひどい状態の時の写真はなくとも、想像はつきます。おそらく、とても困っておられて、ビフォー&アフターの比較写真を撮る気持ちにならなかったことと推察します。この写真で十分です。

二つ目は、弊社に電話で質問をいくつかされて、納得をされた上でX1を使い、そして手が回復されたことは、ステロイド剤を使わなくてもよかったことです。治療の前に、効果的な予防方法を試みることが先決であることの典型的な事例と考えます。

●お父様も農作業によって、さらに手荒れがひどいとのことですが、いつかプロテクトシリーズをお使いいただき、同じように回復されたとしましたら、是非、体験記をお待ちしています!


TOP