HOME>体験談>発表!最前線レポート

体験談の発表&募集発表!最前線レポート

発表!最前線レポート

ユーザー様による迫真の活用レポート

最前線レポート一覧>>

No.46MK様(東京都・女性)
バックパックによる汗疹(あせも)を防いだS1

記入年月日:2019.09.16

活用したプロテクトシリーズ プロテクトS1 



  この夏はトレールランニングの際にバックパックを使って走ったためなのか、背中にバッグとの擦れが起きて、背中に汗疹(あせも)ができました。

 過去にも汗疹は起きましたが、起きても翌日は落ち着くような軽い症状であり、汗を流した後に保湿クリームを塗っておけば治るレベルでした。

(注:夏になるといつも汗疹の症状はあったのですが、ステロイドで痒みを止めたくなるほど酷くなったのは、今年が初めてです。普段から汗拭きシートや保湿クリームはよく使っています)

 

 しかし、今年の症状は酷く、一旦、症状が治まっても走るたびにぶり返してしまい、そのうちに眠りを妨げるほどの痒みになってしまいます。その原因はアルコールが含まれる汗拭きシートで強く拭き過ぎたことにもあるのかな、と思っています。

 

 そこで、擦れに効くならば、とプロテクトS1を柔らかい下着に触れるのでさえ痒みが辛い時に塗ってみたところ、塗った瞬間から痒みが引いてしまったことには驚きました。

 勿論、下着をつけても痒みは感じられなくなって、その日から以後は、まるで皮膚炎がなかったかのように過ごせました。そして、次第に汗疹も落ち着くようになりました。

 

 以来、汗疹のできている部位には勿論、ランニングで擦れそうなところのには、欠かさずに塗って、汗疹の防止に役立てています。

 

 一番肌荒れが酷かった時にも、プロテクトS1を塗って炎症が悪化しなかったので、とても低刺激な製品であると思いました。

 

 良い製品にめぐり会えたことに感謝しています。

 

 追記:夏になると、いつも汗疹の軽い症状があったのですが、ステロイドで痒みを止めたくなるほど酷くなったのは、今年が初めてです。普段から汗拭きシートや保湿クリームはよく使っています。

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

●トレールランニングでは長時間にわたって野山を走るために、救急エイド品の必携が義務付けらていますが、最近ではプロテクトS1やJ1もその用品に加えるランナーが増えています。

●それは、単に摩擦から起きる「靴擦れ防止」だけでなく、汗や雨に濡れた肌全般に起きる「ふやけ」をも防ぐ効果があるからです。(絆創膏やテーピングではその防止効果はありません)

●今回のMKさんは、バックパックを背負うことで一層、汗を掻き易くなり、肩や背中との摩擦も生じて、汗疹(あせも)に悩まれておられましたが、その症状を緩和した背景にはS1の配合成分も関係しています。

●S1の姉妹品のX2は、抗炎症作用のある成分を配合していて、医薬部外品の承認を得ていますが、実はS1にも配合されていますので、炎症を悪化させない効果が発揮できたのでしょう。

●ランニングだけでなく、夏の汗疹で困っている方は、日常生活でもS1を使ってみて下さい!

 注:画像はイメージです。

 

No.45TK様(岐阜県・女性)
私の子供も塩素荒れをS1で軽減しました

記入年月日:2019.05.10

活用したプロテクトシリーズ プロテクトS1 



  私の9歳になる子供は週一回、スイミングスクールに通っています。4年目に入り、プールの水が合わないのか、皮膚が荒れてしまいました。

 泳いだ後は、手のひらと足の裏の皮膚が一晩で剥けて、ガサガサとなってしまい、夜も眠れないほど痒くなります。

 

 皮膚科に行き、ステロイドとプロペトを処方されて塗るのですが、効果はあまり無く、医師から「スイミングを止めるしかない」と言われるばかりでした。学校の先生や友達も荒れた手足を心配してくれています。

 でも、子供は「絶対に止めない!足と手がボロボロになっても頑張る!水泳が楽しいから」とまで言いいますので、親としてもそんな子供を応援してやりたい気持ちで続けて来ました。

 

 そこで、これまでの肌荒れの対処療法でなく、「泳ぐ前に予防出来る方法はないか?」と色々なサイトを調べて行くうちに、昨年、プロテクトS1に出会いました。

 近所のスポーツ用品店で購入して、毎回手足に塗ってからスイミングに行くようにしたところ塗った後はサラッとしているようで、子供に違和感がないようでした。

 その結果、皮膚は赤くなるものの、ふやけて剥けることまでは無くなりました。痒みは完全には無くなりませんが、夜は眠れるほどまでに改善しています。

 

 肌荒れが治まり、今後もスイミングをこのまま楽しく続けて行くことが出来れば、と願っています。ありがとうございました。

 

 (注1:上の写真は両手にS1を塗ってからスイミングに行って、5日目の両手の状態です。向かって左手と右手の色を比較すれば、左手の赤味が確実に減っていることが分かります。右手も以前よりは赤味が減っています。

 (注2:下は足にも塗っている写真です。S1を使う前よりは、赤味、ふやけが減って、剥けることは無くなりました。そして、痒みも減っています)

 

 

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

●No.33,No.43に続いて、3人目の「プールでの塩素荒れ体験記」です。No.33と同じく、対象者はご本人ではなく、お子様です。塩素荒れ防止にS1を使ったことで、痒み、赤味、ふやけ、剥がれ等のスキントラブルが軽減された体験記でして、わざわざ写真も撮影、送付していただき、S1効果は一目瞭然です。

●前回のコメントと同様、全国(海外でも?)のスイミングスクールでは同じ悩みをお持ちの方々が、潜在的に多数おられると推測しますので、弊社のHPやパンフレットにおいて、プールでの塩素荒れ特集をいつか組んでみたいと考えています。

●同じスキントラブルをプロテクトシリーズを使ったことで、“治った、軽減した事例”を経験した方は、これからも弊社にお伝え下さい。

 

No.44メイミイ様(福岡県・女性)
S1とJ1でプールでの塩素トラブルが1/10に激減!

記入年月日:2019.03.04

活用したプロテクトシリーズ プロテクトS1 プロテクトJ1 



  4年前から健康のために水泳を始めましたが、プールに入ると様々な塩素トラブルが私の皮膚に起き出しました。

 例えば、からだ(顔以外)に赤い発疹やミミズ腫れ、かゆみなどの症状が現れて、肌もカサカサに乾燥、くしゃみや鼻水までも出るようになってしまいました。

 

 医者からは「プールを止めるしかない」と言われましたが、かゆみ止めを塗って対処する日々が続きました。さらに自己判断でワセリン入りのクリームや馬油を塗っても全く効果はありません。

 プールを利用する人たちとの悩みを共有するものの、解決策がないまま我慢し続けるしかなかったのです。

 最近では、ついに顔(特に目の周り)や首までが真っ赤に腫れてしまい、プールでの水泳を断念せざるを得ない気持ちになっていましたが…。

 

 しかし、それでもまだ諦め切れず、ネット検索した結果、皮膚保護クリームの存在を知って、プロテクトS1とJ1という商品に辿り着いたのです。

 

 使い方としては、J1を自宅で全身に塗って、S1はプールに入る前に顔と手に塗ります。

使用後の効果はかなりのものです。症状は以前と比べて、十分の一位に激減したのです!

 プロテクトS1とJ1に出会えたお陰で、私の肌は塩素荒れから解放されました。

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

●プール水泳での塩素荒れとその対策として皮膚保護クリームのプロテクトシリーズを使って解決した事例紹介は、この「プロテクト最前線!」のNo.33(ミクさん)で掲載しました愛知県の女性に続いてお二人目です。

●今回のメイミイさんもよく似た事例でしたが、まだまだプロテクトシリーズの存在とその効果の認知度が低い実情を踏まえて、掲載させていただきました。

●ちなみに、「プール 塩素荒れ 対策」でグーグル検索すると、症状と原因はどのサイトも非常に分かり易く解説してありますが、その対策としてはワセリンをからだに塗ることを勧めているサイトが全てと言っても過言ではありません。

●勿論、ワセリンも効果があることを否定はしませんが、基本的には石油製品であるため、べたついたり、プールで洗い流されたりして、使用感と効果はいま一つであることが実態です。

●今回のメイミイさんやNo.33のミグさんは、その点に不満を抱かれて、徹底して対策用品を探し回った結果、プロテクトシリーズに巡りあったのでしょう。

●「プール 塩素荒れ 対策」の言葉によるグーグル検索で皮膚保護クリームが上位に上がるように、もっともっとプロテクトシリーズの普及を推進しなければ、と痛感しました。

 (画像はイメージです)


TOP