HOME>体験談>発表!最前線レポート

体験談の発表&募集発表!最前線レポート

発表!最前線レポート

ユーザー様による迫真の活用レポート

最前線レポート一覧>>

No.39匿名希望様(神奈川県・男性)
J1とテーピングとの併用でトラブル解消!

記入年月日:2017.09.16

活用したプロテクトシリーズ プロテクトJ1 



  50歳から趣味で始めた登山。日本百名山を含めて、17年間ですでに579座を登りました。

 しかし、2016年暮れに膝に強烈な痛みが生じて、整形外科で診てもらうと、「変形性膝関節」と診断されました。薬での対処は好まないでので、筋肉のストレッチと強化に努めて、3カ月後にテーピングで膝を保護して、登山を再開しました。

 

 しばらくはテーピングの効果があり、喜んでいましたが、最近はテープを剥がす際に、皮膚にトラブルかぶれ、ただれ)が生じてしまいます。そこで、皮膚を保護するクリームのようなものががないか?と探していたところ、たまたまプロテクトJ1を見つけて、試してみました。

 

 先日の8月28日〜29日の二日間(37時間)、プロテクトJ1を塗った上に、テーピングをして上高地の徳本峠を登山したところ、その効果は確かに実感できました。

 プロテクトJ1とテーピングを併用した12カ所の内、1カ所はテープとタイツが干渉(剥がれかけ)したため、少し赤い水膨れになりましたが、他の11カ所はテープを剥がす際の痛みと皮膚トラブルは起きませんでした。

 

 今後の登山では前処置として、「プロテクトJ1+テーピング」で決まりです。594座、達成!

 

追記:30歳頃から43歳頃までフルマラソンを含む長距離走をしていたが、その頃は、足のふやけや股ずれ防止にワセリンを塗っていた。ベトベトして使い勝手は悪かった。もしも当時に、プロテクトJ1があれば、サブスリーは達成していたかも?

 

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

 ●本体験記から推定しますと、寄稿者様の年齢は67歳となります。日本百名山の登頂はおろか、今回の登山で594座の達成とは、驚異的な登山経験ですね。

●一方、数多い登山から発生する膝関節への衝撃も、これまた深刻なものと想像します。そこで、解決策としてのテーピングは確かに効果的であり、あの「TJAR2016(日本最難関の山岳縦走レース)」の出場者の多くが、テーピングをしていたことを思い出します。

●ところが、テーピングの注意点は二つあります。その一つが、クリーム類との併用時に、テープの接着効果がクリームに妨げられて、すぐに剥がれてしまう点です。二つ目は、テープの接着剤成分が、人によっては皮膚トラブル(かぶれ、ただれ等)を惹き起こす点です。

●そこで、この二つの問題点を解消してくれるプロテクトJ1の登場です。一つ目のテープの剥がれ現象に対しては、J1の保護膜成分が、塗って3分後に皮膚の角質に浸透するため、剥がれは殆ど起きません。

●2つ目。皮膚トラブルを惹き起こすテープの接着剤成分を、J1の保護膜が防御してくれます。ですから、医療分野では、カテーテルを患者さんの体に固定する際に、テープと併用しているケースが見られます。

●ある有名なテーピングメーカー(NH)の関係者は、“J1は剥がれない唯一のクリーム類”として推奨してくれています。

●今回の体験記のポイントは、「テーピングとの併用時でのJ1効果」です。J1を含めて、皮膚保護クリームプロテクトシリーズには、こんな幅広い用途があることを初めてユーザー様から伝えていただきましたことに、感謝いたします。

 

No.38匿名希望様(東京都・男性)
   実感しました! J1の皮膚トラブル防止効果は本物だった!

記入年月日:2017.08.25

活用したプロテクトシリーズ プロテクトJ1 



 トレラン歴4年で、最近では年6回ほどの大会に出場している自分にとって、皮膚トラブルで困っていたことは、レース中に足の親指や脇周辺にマメが出来ることです。

 これまでの対策用品としては、「ワセリン」やこの種のレースでよく使われている「G」という外国製品を使っていましたが、それらは長時間持たないので、エイド毎に塗り直しが必要でした。

 また、走り方の矯正をしたり、足にあった靴に変えてみたりもしましたが、それでもマメで悩まされていました。

 

 そこで、「TJAR」という日本で最難関とされる山岳縦走レースに出場した多くの選手にも皮膚トラブルが起きていて、その防止用品として「プロテクトJ1」というクリームを使っていることを知って、早速、そのJ1を二つのレースで試してみました。

 (1)OKUMUSASHI ROUND TRAIL 50km (6月17日)

 (2)OSJ ONTAKE 100mile (7月15日〜16日)

 

 その結果、(1)では全く塗り直し無し、トラブルも無し。(2)でも、完走こそ出来ませんでしたが、同じく塗り直しも、トラブルも無しでした。

 しかもサラッとしているので、水場がない場所でもこすり合わせれば気にならず、無臭で大変気に行っています。

 

 レースは勿論、普段の練習でも使っています。さらに、登山では足だけでなく、股や脇、そしてザックとの擦れが起きる肩や腰にも塗っています。

 もしかしたら、サングラスを長時間かけているとノーズパッドやツルが皮膚に触れる顔にも効果があると思われますので、別の機会に試してみます。

 

 そう、J1とは体中に使えるクリームなのです!

 すでに、私のトレラン仲間の殆どは、GからJ1に切り替わっています…。

 

 追記:J1を塗った手でスマホをいじると、滑りが良い気がします(笑)

 (※アースブルー注釈:2点の写真は、「OSJ ONTAKE100」に出店したアースブルーのブース前の光景写真ですが、写っている方は体験記の寄稿者様とは異なります)

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

●今回の御寄稿者が出場された「OSJ ONTAKE100」とは、トレランレースの中でもレベルが高い方であり、弊社は初めて出店販売をいたしました。その結果、J1は用意した100本を3時間あまりで売り尽くしてしまい、20人様はS1で我慢していただくほどの盛況ぶりでした。

●また、嬉しかったことは、「J1使っているヨ」、「これが仙波さんや雨宮さんが使ったJ1か。早速、買おう!」、「Gよりも効果が大きいことは、体験済みだよ」などの声が、出場者から数多く聞かれたことです。

●J1の知名度のアップ状況がジワジワと感じられ、弊社のサイトのトピックス(8月22日)でお伝えした通り、それが販売実績にもつながっていて、これからもさらに知名度アップに向けて弊社は邁進します。

●尚、今回のご寄稿文で新鮮な情報を提供していただいた事柄は、「体中に塗って、皮膚トラブルを防いでいる」ことです。J1の特性をよく認識されて、かつ使いこなしておられることから、まさにヘビーユーザー様と呼べましょう。

●これからも、J1と共に、快適なトレラン・登山人生を歩んで下さい!

No.37匿名希望様(埼玉県・男性)
或る病院での手荒れの実態とプロテクトX2の改善効果

記入年月日:2017.07.12

活用したプロテクトシリーズ プロテクトX2 



 私は急性期病床と回復期リハビリ病床を合計93床有する病院の副院長をしています。
過日、外来で何気なく、或る看護師さんの手を見てみたら、カサカサに乾燥してひび割れで痛々しそうでした。その看護師さんは患者さんに病原菌を感染させてしまうのは申し訳ないと、「一処置、一手洗い」のルールをきちんと実践しているとても優秀な方です。

 責任感の強さゆえ、手洗い、並びにアルコール手指消毒を実践しているがために、手の脂分が失われて、慢性的な手荒れを生じていました。

 

 彼女はいろいろなハンドクリームを試してみたようですが、今まで改善することはなかったようです。私もその看護師さんほどひどくはありませんが、手荒れを生じますので、以前から皮膚保護クリームを使用していました。

 

 私の使用していたクリームも仕事前に塗りこんでおくと、水をはじくタイプでしたので、試しにとおすそ分けをしましたが、ベタつきがあるため途中で使用しなくなりました。不憫に思い、もっと他に良さそうな物はないかと物色し、購入してみましたが、なかなか以前の物を超えるクリームを見つけられずにいました。

 

 あきらめかけていた時に、このプロテクトX2を見つけました。早速、お試し用にと60mlタイプを購入し使用してみたところ、よく伸びるし、べとつかず、そのうちサラサラになり、手術用手袋も引っかかることなく着用できました。

 手洗いしても手の表面に被膜を作ってくれているようで、カサカサになることもなく、手荒れも起きません。

 

 前述した看護師さんに試してもらったところ、プロテクトX2の使用感にとても満足してもらえました。手荒れも徐々に改善して、とても良い評価をいただきました。

 他の看護師さんたちが「私も使いたい!!」と言い出したため、私のポケットマネーで480mlタイプのポンプ式を購入して、外来に置くことにしました。

 もう少し早く、手荒れの起きやすい時期に、この商品にたどり着きたかったと思いました。

 (※添付の画像は、アースブルーが挿入したイメージ画像です)

 

≪補足≫

 当院は病院機能評価の認定病院となっています。ICT(infection control team 感染制御チー ム)が2チーム稼働しており、私自信もICD(infecion control doctor 感染制御医)の資格を持っています。

 日々の感染防止対策である手洗い・接触感染防止対策をマニュアル化して、院内感染防止に努めております

  そのために、季節に拘わらず手荒れを生じる看護師さん、看護助手さんなど、コメディカルは多いと思いましたので、最近、当院の職員を対象とした「手荒れの全例調査」をしましたところ、下記の結果となりました。

【回答職員数 189名】

 1.常時手荒れがある職員数…36名(19.05%)

   (1)看護師…25.00%  (2)事務職…15.38%

 2.冬季のみ手荒れがある職員数…110名(58.20%)

   (1)看護師…76.67% (2)事務職…50.00%

 この集計結果から、看護師は常時・冬季ともに、事務職と比べて多くの手荒れを生じていることが分かりました

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

●弊社の皮膚保護クリームの最大のユーザー様は、医療従事者、とりわけ病院の看護師さんです。にも拘わらず、この体験記コーナーには看護師さんからの投稿例はあまり無かったのです。推定ですが、たとえ匿名でも、自分が働く病院での手荒れの実態を公開しづらいお気持ちがあるのかも知れません。

●ところが、今回の投稿者は現職の医師であり、病院の副院長をされている方でした。その文章を読ませていただき、手荒れで悩む看護師さんへの思いやりが溢れていて、病院を管理する立場から院内感染対策にも真摯に取り組んでおられる姿勢が伝わって来ました。

●しかも、当該病院での「手荒れの全例調査結果」をもご提示いただき、他の医療病院にとって貴重な参考資料となることでしょう。あらためて感謝申し上げます。

●弊社の皮膚保護クリームは、病院での採用事例が徐々に広がって来たとは言え、まだまだ全国の病院採用率は10%も行かないでしょう(個人で買われる方はもっと多いですが…)。それだけに、認知度、有用性、低コスト性(1日2〜3回塗りでOK)を的確に、かつ幅広く伝える努力をこれからも続けて行きます。

●一方、看護師さんはじめ、医療従事者さん全般の体験記をもっともっとお寄せいただきたく、心から願っております


TOP