HOME>体験談>発表!最前線レポート

体験談の発表&募集発表!最前線レポート

発表!最前線レポート

ユーザー様による迫真の活用レポート

最前線レポート一覧>>

No.37匿名希望様(北海道・男性)
或る病院での手荒れの実態とプロテクトX2の改善効果

記入年月日:2017.07.12

活用したプロテクトシリーズ プロテクトX2 



 私は急性期病床と回復期リハビリ病床を合計93床有する病院の副院長をしています。
過日、外来で何気なく、或る看護師さんの手を見てみたら、カサカサに乾燥してひび割れで痛々しそうでした。その看護師さんは患者さんに病原菌を感染させてしまうのは申し訳ないと、「一処置、一手洗い」のルールをきちんと実践しているとても優秀な方です。

 責任感の強さゆえ、手洗い、並びにアルコール手指消毒を実践しているがために、手の脂分が失われて、慢性的な手荒れを生じていました。

 

 彼女はいろいろなハンドクリームを試してみたようですが、今まで改善することはなかったようです。私もその看護師さんほどひどくはありませんが、手荒れを生じますので、以前から皮膚保護クリームを使用していました。

 

 私の使用していたクリームも仕事前に塗りこんでおくと、水をはじくタイプでしたので、試しにとおすそ分けをしましたが、ベタつきがあるため途中で使用しなくなりました。不憫に思い、もっと他に良さそうな物はないかと物色し、購入してみましたが、なかなか以前の物を超えるクリームを見つけられずにいました。

 

 あきらめかけていた時に、このプロテクトX2を見つけました。早速、お試し用にと60mlタイプを購入し使用してみたところ、よく伸びるし、べとつかず、そのうちサラサラになり、手術用手袋も引っかかることなく着用できました。

 手洗いしても手の表面に被膜を作ってくれているようで、カサカサになることもなく、手荒れも起きません。

 

 前述した看護師さんに試してもらったところ、プロテクトX2の使用感にとても満足してもらえました。手荒れも徐々に改善して、とても良い評価をいただきました。

 他の看護師さんたちが「私も使いたい!!」と言い出したため、私のポケットマネーで480mlタイプのポンプ式を購入して、外来に置くことにしました。

 もう少し早く、手荒れの起きやすい時期に、この商品にたどり着きたかったと思いました。

 (※添付の画像は、アースブルーが挿入したイメージ画像です)

 

≪補足≫

 当院は病院機能評価の認定病院となっています。ICT(infection control team 感染制御チー ム)が2チーム稼働しており、私自信もICD(infecion control doctor 感染制御医)の資格を持っています。

 日々の感染防止対策である手洗い・接触感染防止対策をマニュアル化して、院内感染防止に努めております

  そのために、季節に拘わらず手荒れを生じる看護師さん、看護助手さんなど、コメディカルは多いと思いましたので、最近、当院の職員を対象とした「手荒れの全例調査」をしましたところ、下記の結果となりました。

【回答職員数 189名】

 1.常時手荒れがある職員数…36名(19.05%)

   (1)看護師…25.00%  (2)事務職…15.38%

 2.冬季のみ手荒れがある職員数…110名(58.20%)

   (1)看護師…76.67% (2)事務職…50.00%

 この集計結果から、看護師は常時・冬季ともに、事務職と比べて多くの手荒れを生じていることが分かりました

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

●弊社の皮膚保護クリームの最大のユーザー様は、医療従事者、とりわけ病院の看護師さんです。にも拘わらず、この体験記コーナーには看護師さんからの投稿例はあまり無かったのです。推定ですが、たとえ匿名でも、自分が働く病院での手荒れの実態を公開しづらいお気持ちがあるのかも知れません。

●ところが、今回の投稿者は現職の医師であり、病院の副院長をされている方でした。その文章を読ませていただき、手荒れで悩む看護師さんへの思いやりが溢れていて、病院を管理する立場から院内感染対策にも真摯に取り組んでおられる姿勢が伝わって来ました。

●しかも、当該病院での「手荒れの全例調査結果」をもご提示いただき、他の医療病院にとって貴重な参考資料となることでしょう。あらためて感謝申し上げます。

●弊社の皮膚保護クリームは、病院での採用事例が徐々に広がって来たとは言え、まだまだ全国の病院採用率は10%も行かないでしょう(個人で買われる方はもっと多いですが…)。それだけに、認知度、有用性、低コスト性(1日2〜3回塗りでOK)を的確に、かつ幅広く伝える努力をこれからも続けて行きます。

●一方、看護師さんはじめ、医療従事者さん全般の体験記をもっともっとお寄せいただきたく、心から願っております

No.36r.a様(宮城県・男性)
凄いぞJ1!自衛隊の行進訓練で起きるマメを防いだ事例です

記入年月日:2017.05.06

活用したプロテクトシリーズ プロテクトX1 プロテクトS1 



  私は陸上自衛隊の或る駐屯地の普通科に勤務している自衛官です。普通科の日常業務は行進訓練が多く、訓練の度に足のトラブルに悩まされていました。例えば、晴れた日は足にマメが出来すぎたり、雨の日は足の皮膚がふやけてしまうほどです。行進訓練とはまるで地獄の剣山を歩くかのような訓練と言っても良いでしょう。

 

 これまでの隊員のマメ対策としては「テープを貼る」、「ベビーパウダーを塗る」、「厚い靴下を履く」が多く、股ずれ対策としては「ワセリンを塗る」が多いようですが、効果・手間・コストの面からどれも決定打にはならないようでした。

 

 しかし、私がこのプロテクトJ1を使用してからは、そんなトラブルに悩まされることが無くなりました。実際に、先日の行進訓練では50kmを歩きましたが、全くマメも靴ずれも起きず、大変歩き易くなって、重宝しています。今後もプライベートな生活ではX1を、行進訓練では長時間持続型のJ1を使って行きたいと思っています。

 

 最近、私の職場周辺にもS1やJ1の使用者が増えて、リピーターも沢山いるようです。自衛官は体を酷使する仕事なので、こういった用品は大変ありがたく、これからも欠かせなくなるはずです。

 

 おそらく、全国の陸上自衛隊の行進訓練では同じ悩みを持った隊員が数多くいることを考えれば、さらにS1やJ1が普及するであろうし、自衛隊の訓練を陰で支える必需品となって行くことでしょう。本当にありがとうございました。

 

 (写真はイメージです。アースブルーが陸自広報用HPから引用しました)

 

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

 ●今から10年ほど前、北海道の或る駐屯地の隊員さんから、「プロテクトS1を100本まとめ買いしたい」との電話がありました。当時、S1はまだ一部のスポーツ用品量販店しか置いておらず、店舗に100本もあろうはずもありませんので、その隊員さんを代表として販売をしたことがありました。

●用途を聞いてみると、今回のr.aさんと同じように、「行進訓練時のマメと靴擦れ防止」だそうで、さらには「冬は雪中行軍もあり、湿った靴の中でのフヤケを防ぐ」とのことでした。それから、10年が経過して、海上自衛隊ではX1が整備部隊で業務用品として使われていて、一方、陸上自衛隊ではS1やJ1が個人用品として多くの隊員さんがスポーツ用品店に買いに行っていると思われます。

●このWEBサイトでも、千葉県習志野駐屯地近くのスポーツ用品店「ヨシキ&P2スポーツ」では、多くの隊員さんがJ1を買いに来られる最新情報をお伝えしましたね。一方、静岡県士駐屯地では、施設内の売店(ファミリーマート)で、近くS1とJ1が隊員さん向けの個人用品として販売が決定しています(陸自駐屯地内の売店販売は初めてです)。

●このように、自衛隊の行進訓練でのスキントラブル防止用途は、スポーツは当然のこと、障がい者の方のスキントラブル防止(義肢や車椅子)にもつながるものです。もっともっと皮膚保護クリームの存在と用途を知らせなければならないと強く感じております。

No.35シミ子様(和歌山県・女性)
アトピー性皮膚炎の悩みを解決してくれたプロテクトX2

記入年月日:2017.04.05

活用したプロテクトシリーズ プロテクトX2 



  私には生まれながらのアトピー性皮膚炎があり、皮膚科で処方してもらっているステロイド、ヒルロイドを使っています。各関節などにも発疹が多い状態です。

 

 23歳から病院で働いており、現在、リハビリの仕事をしています。従いまして、感染防止の面からビニール手袋が必須となりますが、それをはめると手汗で蒸れて、痒くなるので、手袋の上からつい掻くこともしばしばあります。休日はカサブタになっていた傷も、仕事を始めることで再び悪化する“悪循環”が続きます。

 その都度、保湿剤を塗って、朝晩はステロイドを塗って対処していますが、手荒れは治りません。

 

 皮膚科医院での治療は月1回で、ステロイドが無くなったら、もらいに行きます。医師からは「なかなか治らないね〜」と言われて、私は「仕事で手袋をしているので…。仕事を辞めたら治るんですかね?」とのやりとりが続きます。もう諦めており、対処療法に専念していました。

 

 ところが、今年の冬に或る用品との出会いがあり、長年、困っていた手の悩みを解決してくれたのです。

 病院では院内感染防止対策として、アルコール消毒を厳しく促されます。私の場合はアトピーから起きる傷のある手にもアルコール消毒をしていましたが、消毒の度に激痛が走るので、消毒にも限界があり、病院のICT(感染対策チーム)に相談すると、教えてくれたのがプロテクトX2でした。それをダメ元で使ってみることにしました。

 

 使って初日は変化無しでしてが、二日目に「あれ?痒くならない!」と感じました。三日目には発疹の赤味も取れています。使えば使うほど、徐々に効果が現れて来て、とても感動しました。

 少しの量でよく伸びるし、朝と昼の2回使用だけで十分です。匂いもほぼないので、病院業務でも気にせずに使えます。あとは市販の保湿剤を塗れば問題無しです。

 

 生まれながらのアトピー性皮膚炎なので、掻く癖もあり、傷は出来ることもありますが、プロテクトX2を塗った後は、手袋による刺激が減ったことと、発赤が無くなったことに感動しています。今はアルコール消毒をしても激痛が起きないまでに改善しています。

 

 病院業務において、手袋をはめたり、手洗い・消毒をしたりする際に起きるストレスには本当に悩んでいましたが、プロテクトX2に出会えたおかげで、ストレスは無くなりました。

 また、仕事以外でも手荒れがあると、シャンプーや洗剤を使うさ作業もつい億劫になってしまいますが、それも今はなくなって、「本当にありがたいな」と思っています。

◆◆◆アースブルーからのひとこと◆◆◆

 ●プロテクトシリーズのご利用者様の中には、潜在的にアトピー性皮膚炎の方もおられると推定しますが、患者さんとしてこのコーナーに投稿された方は初めてです。

●病院でお仕事をされているので、一般の方よりも皮膚に刺激を受ける頻度が高く、重症化しやすいのでしょう。一方では、病院内の感染管理担当の看護師さんから紹介を受ける機会にも恵まれたのでしょう。症状が改善されて本当に良かったですね。

●この体験記の公開がきっかけになって、アトピー性皮膚炎の方々の内、少しでも多くの方が、プロテクトX2を使うことによって、症状の緩和につながることをお祈りしております。和歌山県のシミ子様、ご投稿、本当にありがとうございました。


TOP